常勝ニュース

関西創価学会(そうかがっかい)の話題やニュースを聖教新聞からの転載を中心に随時掲載してまいります。

「烈風魂」の原点から50年 5千人の和歌山大会 2019年12月22日

  • 半世紀前、命を削る師の舞に応え、築いた「烈風魂」を継承し、「次の50年」を勝ち開く誓いに満ちた和歌山大会(和歌山県立体育館で)
  • 原田会長が出席 県立体育館で
    「皆さんが喜んでくださるんでしたら、なんでもやります。私は、皆さんの会長だもの!」
    「よーし、やるぞ!」
     1969年12月21日――和歌山県立体育館。池田先生は愛する友のために、高熱を押し、文字通り命を削って「武田節」を舞った。その勇姿は今なお和歌山、関西、そして全国の同志の「戦う心」を鼓舞し続ける。
     2019年12月21日――50年前と同じ日、同じ舞台を、5千人の「武田節」の大合唱が揺るがした。
     「烈風魂」の原点から50周年を記念する和歌山大会が21日、原田会長が出席して同体育館で開催された。
     池田先生は万感こもるメッセージを寄せ、烈風魂をみなぎらせて本年の全学会の勝利をけん引した和歌山の戦いを称賛。我らの広布の行動こそ地涌の菩薩の「真髄の舞」であると述べ、自他共に無量無辺の大歓喜の舞を勝ち広げ、世界が仰ぎ見る創価の勝利城を築きゆこうと呼び掛けた。

    50年前と同じ日、同じ舞台から
    和歌山よ舞え!「次の50年」へ

     命を削る師の激励。それに応えて、常勝関西の輝く金字塔を打ち立てた和歌山の同志。50年前の師弟共戦の劇は、広布の歴史に燦然と輝く。以来、「連戦連勝の和歌山」の伝統が築かれ、本年も和歌山は、日本一の立正安国の実証を打ち立てた。
     大会の第1部では、50年前の県幹部会をはじめ、1974年、81年、85年に刻まれた池田先生の和歌山指導の歴史を紹介。郷土の師弟の原点を確認しつつ、各部の友が、烈風魂を受け継ぐ決意を込めて演技・演奏を展開した。
     鼓笛隊の熱演で幕が開けた後、少年少女部が“大楠公”等を凜々しく合唱。壮年部の有志が「武田節」を勇壮に歌い、音楽隊「創価和歌山ブルーイーグルス」が迫力の演奏を披露。婦人部の合唱団は県愛唱歌「和歌山愛さむ」等を美しく響かせた。そして青年部によるダンスと合唱が、壮麗にフィナーレを飾った。
     ――幹部会の第2部では、谷川主任副会長が池田先生のメッセージを紹介。中林総県長、山下同婦人部長、土井同男子部長、東本同女子部長が、全国をリードする拡大で、和歌山の未来を勝ち開こうと訴えた。
     山内関西長は和歌山総県の新スローガン「みなぎる烈風魂! 今再び 連戦連勝の勝ち鬨を!!」を発表。
     原田会長は「日本一の名演」と熱演をたたえ、50年前も50年後の本年も、師に応える「日本一の拡大」を成し遂げた和歌山を称賛。次の50年も、“和歌山を見よ”と言い切れる痛快な前進をと呼び掛けた。
     最後に全員で「武田節」を大合唱し、和歌山の同志は誓い合った。「烈風魂」よ不滅なれ――と。

未来部勝利月間――各地で“子どもたちが主役となる”取り組み 2019年12月11日

  • 関西少年少女合唱団はファミリーコンサート
     未来部勝利月間が、たけなわだ(22日まで)。列島各地で“子どもたちが主役となる”取り組みが、にぎやかに行われている。
     関西少年少女合唱団(石山聡史団長)の第14回ファミリーコンサートが8日、大阪市の関西文化会館で開かれた。
     結成50周年となる同合唱団が、学会歌や池田先生作詞の「光の王子王女に贈る」などを披露した。
     岡野関西少年部長、南野同少女部長の後、山口未来本部長が合唱団の奮闘をたたえた。
     席上、新スローガン「希望と勇気を!! 世界(みんな)を照らす Joshoのハーモニー♫」が発表。会場は大きな喜びに包まれた。

世界の友と希望の未来へ! 関西留学生音楽祭から 2019年12月17日

  • 関西留学生音楽祭に出演した海外11カ国・地域からの留学生、日本人学生スタッフらが歓喜のカメラに。かけがえのない友情をさらなる成長の原動力に、それぞれの夢に向かって前進を開始した(京都市のロームシアター京都で)
  •  30周年の節目を刻む「関西留学生音楽祭」が、15日に京都市のロームシアター京都で行われた。ここでは、同音楽祭の歴史や本番を迎えるまでの取り組みの様子を紹介する。
     関西の大学に通う留学生たちが、自国の伝統芸能や日本で学んだ歌などを披露する「関西留学生音楽祭」。
     「留音」の愛称で親しまれ、日本人の学生らのサポートのもと、相互理解と友情を深めてきたイベントである。
     「留音」は、“音楽の力で人々の心を結び、世界平和の礎を築く”との、創立者・池田先生の理念のもと活動する民音と、それに共感した日本人学生有志らの発案によって、1989年(平成元年)に「京都留学生音楽祭」としてスタート。以来30年間、毎年、学生有志らが実行委員会を結成して開催してきた。
     91年(同3年)、池田先生は「留学生は、各国の未来の指導者である。留学生を大事にすることは、その国の未来を大事にすることである。留学生と友情を結ぶことは、世界に友情を広げることである」と語った。
     この言葉は「留音」の指針となり、同年には大阪、後に神奈川でも開かれるようになった。
     初開催となった89年は、「ベルリンの壁」が崩壊した年。大阪での音楽祭が始まった91年には湾岸戦争が勃発し、ソ連が崩壊した。
     社会が激動する中で、池田先生は、南アフリカの大統領となるマンデラ氏やゴルバチョフ元ソ連大統領をはじめ、世界の知性との胸襟を開いた対話で、平和への道を切り開いてきた。
     当時の実行委員会の学生らは、そうした創立者の行動に、“私にできる世界平和への挑戦を!”と奮起。留学生を見つけては声を掛け、音楽祭の意義を語り、一緒に練習に励む中で、国境を超えた友情を育んできた。
     30年間、この伝統を貫いてきた関西留学生音楽祭には、これまで110カ国・地域から、5200人を超える留学生が出演した。言葉や文化の違いを超え、共に一つのコンサートを創り上げる姿は、“世界平和の縮図”として、大きな反響を呼んできた。

「牙城会」「白蓮グループ」の代表らが韓国・済州島で交流研修会 2019年12月24日

  • 韓日青年友好研修会の参加者。記念撮影後、志を同じくする青年たちの喜びがはじけた(済州韓日友好研修センターで)
  • 「韓国青年友好交流団」の第2次交流団(団長=鎌田副青年部長)が20日から22日まで、韓国・済州島の済州韓日友好研修センターを訪れた。
     同団は牙城会、白蓮グループの代表を中心とした50人で構成。韓国SGI(創価学会インタナショナル)の代表との懇談などを通して、両国の友情と世界広布への誓いを新たにした。
    「皆さんのことを、ずっと前から知っていたような親しみを感じます」――韓日青年友好研修会の中で、韓国の友が語った一言だ。
    今回の研修会は、日韓の創価の若人が絆を強め、両国の友好の未来を切り開こうと行われ、明年の「学会創立90周年」へ、世界広布の前進を誓い合った。
    3日間の研修会では、各地から集った日本の牙城会と韓国の宝城会、白蓮グループと無窮花班に分かれて分科会を開催。
    それぞれ、グループの歴史や取り組み等が紹介され、活発なディスカッションが行われた。

韓国・済州島で青年友好研修会 2019年12月17日

  • 歓喜みなぎる韓日青年友好研修会の閉講式。全員で「誓いの青年よ」を韓国語で歌い上げた(15日、済州韓日友好研修センターで)
  • 創価班、未来部担当者の代表ら50人が訪問
     「韓国青年友好交流団」の第1次交流団(団長=角田副青年部長)が13日から15日まで韓国・済州島にある済州韓日友好研修センターを訪問。韓国の代表とディスカッションや分科会を行い、両国の友好と世界広布への決意を固め合った。  第1次交流団は創価班、未来部担当者を中心とした50人。第2次交流団(団長=鎌田副青年部長)は牙城会、白蓮グループの代表を中心に構成され、今月下旬に同センターを訪れる予定である。

    日韓が共に栄える明日を
     2グループに分かれて韓国・済州島を訪れる交流団。その目的は主に二つある。
     一つは、“戦後最悪”ともいわれる日韓の政治・経済関係の中にあっても、創価の青年が友情を深め、万代にわたる民衆と民衆の友好を築く先頭に立つこと。一つは、明年の「前進・人材の年」に先駆けて、両国の青年が触発し合い、世界広布を伸展させる原動力となることである。
      〽Be Brave! 負けない心を 燃やして 平和の未来へ 出発だ――
     13日に行われた韓日青年友好研修会の開講式。日本のメンバーを驚かせたのは、韓国SGI(創価学会インタナショナル)・済州方面の「日の出合唱団」の友による少年少女部歌「Be Brave! 獅子の心で」の合唱だった。
     たくさん練習を重ねたのであろう。流ちょうな日本語で歌い、踊る子どもたちの姿に、最初から会場は感動の渦に包まれた。
     日本の未来部担当者からは、お返しに、合唱団の友にある贈り物が手渡された。日本の富士少年希望少女合唱団の友が、真心を込めてハングルでつづった手紙である。
     「これからも一緒に池田先生を求めて頑張りましょう」「場所は違えど心一つに、どんな壁も一緒に乗り越えていきましょう」
     熱い思いを受け取った、ある韓国の少女部員は語った。「本当にうれしいです。いつの日か、日本の合唱団のみんなと歌える日を楽しみにしています」

原田会長、永石婦人部長が出席し 誓願燃える「関西総会」 2019年12月2日

  • 常勝関西の“前進力”こそ地球社会の希望! “人材力”こそ世界市民の光!――明年の勝利を誓い合った関西総会。最後に関西の歌「常勝の空」を大合唱した(関西池田記念会館で)
  • 世界広布新時代第7回「関西総会」が1日、大阪市の関西池田記念会館で意気高く開催された。
     本年は第1回の関西総会から40周年の佳節である。
     池田先生の第3代会長辞任から約半年後の1979年11月18日、“関西は永遠に師と共に”“関西から次の10年を開こう”と関西中から同志が集い、反転攻勢への驀進が始まった。
     以来、関西総会は常に“師弟共戦の誓いの場”であった。毎回の関西総会を起点に、あらゆる広布の闘争において、全国をリードしてきたのである。
     
    関西広布70周年の2022年へ勝利を開く!
     総会では、山内関西長が“圧倒的な題目”の渦を起こしながら、明「前進・人材の年」に皆が“歓喜の折伏”に挑み、関西広布70周年の2022年へ拡大の実証を積み重ねようと力説。 
     直里同婦人部長は“婦女一体”のスクラム固く、「ヤング白ゆり世代」の励ましに徹し、わが地域に希望と幸福の連帯をと訴えた。
    続いて、男子部の小牧尊正さんが信仰体験を発表。祖父母、両親から受け継いだ常勝不敗の魂を胸に弘教を成し遂げ、仕事の苦境を乗り越えた喜びを語った。 
     永石婦人部長は奮闘する友を心から称賛。原田会長は、関西の師弟不二の前進こそ全国、全世界の模範であると強調。全同志が一人立ち、一段と強固な常勝の錦州城の構築をと望んだ。