常勝ニュース → バックナンバー

信仰の役割を巡る国連会議にSGIが出席 バンコク 2018年4月2日

  • 創立者が祝福の和歌とメッセージ
    東西の小学校・札幌幼稚園でも晴れやかに
    創価学園の入学式が9日、東京・関西の各キャンパスで晴れやかに開かれた。創立者・池田大作先生はメッセージと和歌を贈り、心から祝福。関西校の入学式には原田学園理事長、東京校の入学式には谷川学園常任顧問が出席した。また同日、東西の創価小学校の入学式、札幌創価幼稚園の入園式も行われ、創立者がそれぞれに真心のメッセージを寄せた。

信仰の役割を巡る国連会議にSGIが出席 バンコク 2018年4月2日

  •  国連の「持続可能な開発に関するアジア太平洋フォーラム」が3月28~30日、タイ・バンコクで開かれ、SGI(創価学会インタナショナル)の代表が出席した。
     また、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた宗教組織の地域ネットワークとして、SGIも参加する「APFC(アジア太平洋宗教NGO連合)」が誕生。28日、アジア太平洋フォーラムの公式関連行事として、発足記念のイベントが行われた(写真)。
     ここでは初めに、3団体が登壇。SGI国連事務所の桜井所長が、信仰は各人の人生の危機への備えになるとともに、苦境にある人々に希望や粘り強さをもたらす力があると指摘。FBO(信仰を基盤とした団体)による人道支援協力の一例として、東日本大震災等における創価学会の活動を報告した。

男女青年部が新出発 2018年3月29日

  • 角田男子部書記長、多田創価班委員長、鎌田牙城会委員長が誕生
    各方面も新たな布陣

    「従藍而青」の人材の大河を未来ヘ!
     歴史的な「世界青年部総会」を大勝利で飾り、「4・2」「5・3」へと、弘教・人材拡大の勢いを増す男女青年部。このほど、本部人事委員会で検討・決定した新任人事が発表され、男子部

第48回世界児童画展で関西創価小学校が文部科学大臣賞 2018年3月27日

  •  第48回「世界児童画展」(主催=公益財団法人美育文化協会)の表彰式が26日、台東区の東京国立博物館・平成館で行われ、関西創価小学校(大阪・枚方市)が団体として、「文部科学大臣賞」に輝いた。また個人では、村田励斗さん(4年)が「全国造形教育連盟賞」を受賞した。
     村田さんは「入賞して親孝行をすることができました」と笑顔で。指導にあたる西光香織教諭は「絵を見る人に幸せを届けようと努力を重ねる児童を、これからも大切に育んでいきます」と語った。

3・16「広宣流布記念の日」60周年 世界青年部総会 2018年3月12日

  • 池田先生が「人類の宝」の青年部へメッセージ
    末法万年の広布の大道を開け
     3・16「広宣流布記念の日」60周年を慶祝する「世界青年部総会」が11日午後、東京・八王子市の創価大学記念講堂と、日本全国・世界の約1500会場を中継で結び、盛大に開催された。これには原田会長、長谷川理事長、永石婦人部長と共に、来日した海外65カ国・地域の青年リーダーをはじめ、75万の後継の若人が大結集。池田大作先生は「人類の希望の宝」である青年部にメッセージを贈り、ともどもに末法

中国・北京の国家大劇院で周恩来総理生誕120周年記念音楽会 創価学会の代表が参加 2018年3月8日

  •  【北京】中国・周恩来総理の生誕120周年を記念する「『思い深き友情』音楽会」(主催=国家大劇院、中国音楽家協会、北京音楽家協会、北京大鸞翔宇慈善基金会)が5日、同国を代表する劇場である国家大劇院(北京市)で行われた。これには、周総理のめいである周秉徳氏をはじめ、建国時の国家指導者の親族など約2000人が来場。学会本部国際総局の寺崎総局長ら創価学会中国訪問団が出席した。